にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

2012年10月30日

わらべうた

古書店で「日本の民話」というシリーズが、1冊100円で売られていた。立派なハードカバーの分厚い本が100円で売られているのを考えると、電子書籍とは高価なものだなぁと思う。

さて、その「日本の民話」の中から1冊、房総・神奈川編を買ってきたのだが、日本人なら馴染みの深い「花咲かじいさん」や「カチカチ山」が掲載されている。
タイトルや内容は若干違うし、アニメや絵本で知っているものと比べると、いささか残酷な場面が無いでもない。
悪いことをすれば、これほどひどい目にあうのだ、という戒めなのだろう。

そういった昔話以外にも、わらべ歌や数え歌が掲載されているのだが、これがなかなか面白い。
横溝正史の小説に「悪魔の手毬唄」という作品があり映画にもなったが、それは手毬唄の歌詞に合わせて殺人が行われる凄惨なミステリーだ。



昔のわらべ歌は、なぜあんなに暗い影を含んでいるのだろう。

武蔵の部に掲載されている「おんべ焼きの唄」を見てみよう。
おんべとは御幣のことで、どんど焼きと同じ意味のようだ。


*   *   *

「日本の民話 6 房総・神奈川篇」 企画・編集:未来社 発売元:ほるぷ 1974年

武蔵の部 「おんべ焼きの唄」

出さいなあ 出さいなあ

出ないもなあ ガニクソ

イッシャク ハッシャク

山が谷戸の子どもは

意地のわるい子どもで

かっかのつび まらはめて

とっとの肝いーろした

なぐれよ しめろよ

御幣(おんべ)よく燃いとくれ

松よく燃いとくれ

*   *   *


「肝をいーろした」の意味は解らない。言葉についての説明は無いのだが、一つ前の行など、ずいぶん禍々しい感じがする。
正月明け、しめ縄などを焼く時に歌ったものなのだろうか?

手毬唄や子守唄も、なかなか子供らしい残酷さがにじみ出ていて興味深い。
ホラー小説を書きたい人は、一つネタを漁ってみるのも悪くないかもしれないよ。



続きを読む
posted by 風花散人 at 22:37| 北海道 ☔| 表現の彷徨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

2012年10月21日のつぶやき

fuukasanjin / 風花散人
アイヌ語で、猫のことを「チャペ」と言う、とネットなどで見かけるが、「コーシカ」とロシア語を使う人達もいたそうだ。アイヌ語は地域ごとに、大分違いがあるらしい。 at 10/21 23:23
posted by 風花散人 at 00:01| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

2012年10月02日のつぶやき

fuukasanjin / 風花散人
晩年の知里真志保は、ちょっとヤスケンに似ている。 at 10/02 22:00
posted by 風花散人 at 00:01| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

2012年09月26日のつぶやき

fuukasanjin / 風花散人
愛と死と-廣津和郎随筆集 http://t.co/sj7oc0cv at 09/26 20:49
posted by 風花散人 at 00:01| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

愛と死と-廣津和郎随筆集

古書店で購入した昭和22年発行の廣津和郎の著作だ。「愛と死と-廣津和郎随筆」は、男女の恋愛についての考察ではなく、廣津の家族に対する情愛と、彼らを見送った日々の記録である。

愛と死と 表紙

戦後の質の悪い紙を使っているせいか、劣化が激しく、表紙の柄がよく分からない状態だが、木や草原を描いた意匠で、目次には「表紙 ピエール・ボナール」と記されている。
フランスの印象派の画家らしいが、もやっとした模様のようにしか見えず残念。

冒頭の「はしがき」によると、この随筆集は、昭和15年に同じタイトルの「愛と死と」として出版され、戦時中に重版していたが、その後絶版になり、今回改めて内容を取捨選択し、新たな書きおろしを加えて再び発行したものだそうだ。

廣津和郎の父親は廣津柳浪と言う明治の人気作家で、尾崎紅葉などの朋友である。
幼い頃から、和郎は大作家達に可愛がられた境遇にあり、泉鏡花も彼をよく抱っこしてあげたと語っている。
彼はこの父の事を、可怪しいくらいに敬愛していた。それはもう、崇拝とも言える絶対的な愛情を捧げているように見える。
父が文を書けなくなり、日がな一日ぼうっとして机の前に座るだけの人になっても、その尊敬は生涯変わらなかったのである。

この随筆集の前半には、この父と、父の後添いにきた義母、そして若くして腎臓結核で逝った息子を見送った日々が静かに描かれている。
後半は、文学仲間の若かりし日の思い出が綴られている。

宇野浩二や葛西善蔵との破天荒な生活、芥川の子供っぽい意地悪を楽しげに振り返る文章が面白い。

廣津和郎本人は、他の同時代の作家のように代表作と言えるような小説を書けなかった事をいくらか残念に思っているようだが、こういった随筆や文学評論はなかなか良いのである。
理論的でわかりやすく、かつ着眼点と分析が鋭い。そして、しみじみと情緒に溢れているのだ。


父、柳浪についての思い出を書いた文を抜粋してみる。

「愛と死と-廣津和郎随筆集」 昭和22年8月25日発行 創藝社刊
父の死 一

*  *  *

 私の生みの母が死んだ時、私は八つだったが、それからといふもの、それまでも父を慕っていた私は、一層父思ひになった。私はよく父に抱かれて寝た。「お寶、お前はお父さまのお寶だよ」父は私にさう云っては寝床の中で頬ずりした。――今の母が來た時私は十二歳だったが、その時まで私は父に抱かれて寝てゐた。
 生みの母が死に、それから今の母が來るまでの三四年間、父は相當に放蕩をした。時には一ヶ月に一二回しか歸って來ない事があった。私は父が歸って來ない事を淋しがった。
 まだ矢來町にゐた頃――私は矢來町に生れて、十歳までそこで育った――だから、十歳頃の事だったと思ふ。私が淋しがるので、書生の一人が私にかう云ってからかった。
「先生は藝者買に行っていらっしゃるんですよ」
 私はその言葉にむっとした。その書生が非常に下等な事を云ふと思って、腹を立てたのである。
併しその言葉は私の心に残った。

*  *  *


遊廓に入り浸って「今戸心中」を書いた、柳浪らしいエピソードではある。

さて、この廣津の随筆は他にも面白い描写に事欠かないのだが、ちょっとこの「本」自体に面白い点があった。

昭和22年

これは裏表紙の見返しに残っていた、一番最初にこの本を買った人物の書き込みらしく、昭和22年9月26日、札幌 維新堂 とある。
維新堂は、かつて札幌に在った書店の名である。今は…ファッションビルの何処かに在るのだろうか?

赤い蔵書印は、墨と消しゴムで消されてはっきりしないのだが、谷口某とあるようだ。
実に65年前の今日、誰かがこの本を新刊で購入し、楽しみに読んだのだろうと想像するのも、また古書の楽しみの一つである。






posted by 風花散人 at 20:41| 北海道 ☔| 古書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

2012年09月23日のつぶやき

fuukasanjin / 風花散人
官僚はぼくを警戒してひたすらに厳しくあたるといった有様だった。ぼくは終日氷の穴倉に坐ってるか、刑場のわきに立っているような気分だった。実際それはほかでもない、たった一本の辮髪がないせいで! #国際読書週間だから書名を伏せて手元の本p52の第5文 at 09/23 00:03
posted by 風花散人 at 00:01| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。